ホーム>慢性痛の骨格の歪み

慢性痛の骨格の歪み

理想の骨格バランスとは

骨盤がゆがんでいる状態

img

「骨盤がゆがんでいる」とは、腸骨が前後、左右にズレたり、ねじれたりしている状態のことです。
日常生活のクセが複合的に影響して、ゆがみ方も複雑に現れるケースがほとんどです。

腸骨の高さや開き方の角度が異なると、左のイラストのように、骨盤の周りの筋肉や脂肪のつき方がアンバランスになり、骨盤が開いているぶんお尻も大きくなります、さらに、大腿骨(太ももの骨)も外側に向きやすくなり、これがO脚の原因になります。

 骨盤が正しくおさまっている状態

img

開いていた骨盤を正しい状態に戻し、股関節を定位置におさめると、お尻は小さくなります。
また、骨盤の周りの筋肉や脂肪のつき方も均等になり、スタイルが良くなります。

さらに、圧迫されていた神経も正しい状態になるため、生理通や便秘などを解消する効果も期待されます。
骨盤矯正をすることで、自然にこの状態に戻すことができるのです。

 

※ 続きは現在執筆中です。

ページ上部へ