ホーム>適応する症状>膝・足部の痛み>膝痛
膝・足部の痛み

膝痛

ひざ

膝が悪くなって困る事は、膝が徐々に硬くなっていく事・拘縮が進んでいく事です。当院では、この拘縮をオステオパシーの拘縮解除のテクニックで、元の状態へと戻します。拘縮はその筋肉を一定の方向と時間、縮める事により、脳からの拘縮の信号を消す事が出来ます。

何故この拘縮が起きるかと言いますと膝は、体重を支える主要な関節である為、多くのストレスがかかります。膝にかかる圧力もきわめて大きく、ある実験では、「体重59キロの人が1歩あるく時 に脛骨上部平面にかかる力は、およそ177キロ」と推定されたとの事です。

したがって膝、足を一旦悪くすると退行性の変化を速める可能性が高く拘縮が進みます。

膝痛で最も多いのが変形性膝関節症です、特に40歳以上の中高年に多く、女性に多いのが特徴です。

変形性膝関節症は急にひどくなるものではなく、何年もかけて徐々に進行します。

 最初にちょっとした動作から膝に違和感が始まり、重たく感じ、膝の歯車が噛み合わない感じになります。

次に、起床直後動きにくかったり、長時間座ったままでいると関節が凝り固まったりし、徐々に可動域が狭くなっていきます。そして、歩き始めや、膝の動かし始めた時に痛み出します、症状が進むと機械の油が切れた時の様なギシギシとした痛みが出、炎症を起した膝に水の溜まる人もいます、膝が腫れ、曲げると張った感じになります。

また、変形性膝関節炎は膝の内側の軟骨がすり減ると、重心の軸が膝の内側にずれていきO脚状態へと、ゆっくり少しずつ変形していきます。
 

ページ上部へ