ホーム>トピックス>スタッフブログ

スタッフブログ

お天気頭痛

 天気予報で台風のニュースを聞く機会が段々増えてくる季節になりました。当院の患者さんからも天気が悪くなったり、台風が近づくと頭痛がするという話を良く聞きます。

 天気が関係する頭痛は、普通の頭痛とは違う、別物だと考えている方、また天気の悪い時の頭痛を経験した事のない方は迷信の様に思っている方もいらっしゃいますが。その仕組みを説明しますと、耳の奥の内耳という器官がありますが、その内耳の中を満たしている液体、内リンパ、外リンパが気圧の変化にともない膨張、収縮する事によって影響を受けます。飛行機に乗って離陸する時も、急に気圧が下がるわけですが鼓膜が外側に引っ張られ内リンパが膨張することによって耳がキーンとする状態となります。この様な状態の時、自律神経がバランスを崩し、頭痛が起こります。

 以上の様な内耳の状態によって天気頭痛は起きますので、一時的な対処法としては、ガムを噛むなどしてアゴを動かし、内耳にかかる気圧を調整する事によって頭痛をおさえる事が出来ますが、天気の悪い時に始終ガムを噛む事も結構面倒かもしれません。天気によって起こる頭痛も、他の頭痛も原因は同じです。根本的になおす事が肝心です。

 当院の患者さんの体験談にも典型的な天気頭痛の体験談「台風が来ても頭痛がしない!加藤幸代様」があります、ご覧下さい。

 

 

蚊に刺されやすい人

 今の季節、患者さんと話しながら施術していると「家族の中で私だけ刺されるんですよ!」「私にだけ蚊が寄ってくるんですよ!」という方がいらっしゃいます。以前、汗をかきやすい人がよく蚊にさされるという事を聞いた事がありますが、おもしろ半分でちょっと調べてみました。

 蚊に刺されやすい理由は、色、におい、二酸化炭素(代謝量)の三つになるそうです。最初の色ですが、蚊の見えている世界はモノクロ白黒の世界だそうです。蚊は直射日光を嫌う為、濃い色を選択して寄っていくことになるそうです。ですから黒より緑、黄色より白い服を着た方がより蚊に刺されにくくなるそうです。

 次に、においですが蚊は人の足のにおい成分「イソ吉草(キッソウ)酸」を好む為、足のにおいがキツイ人に寄ってくるそうですが、足もとに蚊が寄ってくる理由のもう一つには、蚊はもともと体が軽い為、吸血中に風など影響を避けるため低い場所に寄ってくるそうです。

 最後に最も影響するのが二酸化炭素だそうです。蚊は二酸化炭素に集まってくる為、代謝量が多い人に集まってくるそうです。

以上の三つ理由を考えると、日蔭で濃いめの服を着て、バーベキューをしながらビール等を飲めば、バーベキューの炭からも二酸化炭素が出、ビールからも二酸化炭素が出、アルコールによって代謝の上がった体からも二酸化炭素が出、足が臭くなくてもかなりの確立で蚊に刺されそうです。

 「私だけ蚊に刺される」という人は以上の三つの理由を考えてみてください。

 

BLOG はじめました。

平素は当サイトをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
今後とも多くのみなさまにご利用いただけるよう、ブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

ページ上部へ