ホーム>トピックス>スタッフブログ>どういった人が肩こりになりやすいか?
スタッフブログ

どういった人が肩こりになりやすいか?

治療院を利用されている患者様が多いですが、診察してみるとほとんどの患者様の肩こりの原因は肩にあるわけでもないのです。肩こりの本当の原因は首の歪みや骨盤の歪みから起きています。中には体質によって肩こりになっていることもあります。
 
肩こりだからといって放置するのはおすすめしません。めまいをするようになったり頭痛を引きおこしたりします。内臓の疾患につながったり体の全体の不調・倦怠感に襲われることもあります。早めに治療院にご相談ください。では、肩こりになりやすい人の特徴をご紹介しましょう。
 
〇貧血や低血圧症の人
これらの症状がある人は血液循環が上手くいかないところにあります。血液が充分に送られないと筋肉疲労を起こして肩こりになるのです。また自律神経が乱れていることもあり、ストレスを溜めやすいこともあります。
 
〇寒がりで冷え症の人
寒くなると体を縮こまらせますから全身に余分な力がはいります。肩こりになりやすいです。治療院で治療して代謝が上がれば大丈夫です。
 
〇太りすぎや痩せすぎで標準体型ではない人
脂肪がつきすぎると体の負担が増えます。腕をささえる筋肉の負担が多くなり肩こりになるのです。痩せている人は筋肉が弱いので、肩に負担がかかります。肩の筋肉が弱いと頭を支えにくくなります。
 
〇首の歪みや骨盤の歪みがある人
筋肉のバランスが崩れた状態で長期化すると筋肉が四六時中緊張して休まる時間がありません。ダメージが蓄積し、最終的には緩みにくくなり肩こりになります。骨盤から首に伸びる肩甲骨や上腕骨に伸びる筋肉が緊張することで肩こりになります。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.family-chiro.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21

ページ上部へ