腰椎すべり症による腰痛とは

腰椎すべり症による腰痛とは

腰椎すべり症とは、簡単に言うと「腰の骨が滑っている状態」のことです。

腰痛が続くので病院で調べてもらったところ「腰椎すべり症」だと診断される方もいるでしょう。

原因は、骨や関節が変形したり、軟骨がすり減ることやスポーツなどで体を酷使するために腰に負担をかけやすいこと、けがによるものなどがあります。

症状としては、腰痛以外に下肢痛、膀胱直腸障害などです。

症状を感じたらいち早く病院に行き、医師の判断のもと薬物療法や注射などにより治療してもらいましょう。

関連記事

  1. 整体に行けば猫背が改善しやすい

  2. 様々な種類があるむちうちの症状

  3. 女性に起こる耳鳴りの原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。